「とよなかデンタルクリニック」から改名しました!
TEL:0120-586-860

〒560-0021
大阪府豊中市本町1丁目9番10号マストメゾン豊中2階

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

豊中市の歯医者、歯科医院をお探しなら、阪急豊中駅すぐのみやもと歯科クリニック(旧とよなかデンタルクリニック)へ

一般歯科

HOME»  一般歯科

治療方針

みやもと歯科クリニックでは、点状の小さな虫歯(ピットカリエス)や溝にできた虫歯(フィッシャーカリエス)が見つかった場合でもすぐに削るような方針は立てません。
虫歯の多くは削った後の詰め物の隙間からできる2次的なものです。
定期的な検診と専門的なお掃除によりその虫歯の進行を抑制することを重要と考えます。
ただし診査により進行抑制できないと判断した虫歯に対してはしっかりとした治療とその後の予防により再発を防ぎます。

虫歯の進行

C0

歯の表面や溝に変色が見られる程度の虫歯です。
この段階であれば定期的な清掃のより進行を止めることができます。

 

C1

歯の表面を覆うエナメル質内部の虫歯です。
ほとんど痛むことはなく、この段階で治療することが理想です。

 

C2

エナメル質を越えて象牙質に進んだ虫歯です。
この段階より痛むことがあり、場合によっては神経を向く治療になることがあります。

 

C3

神経にまで虫歯が及び、強い痛みを伴います。
神経を抜く治療が必要となります。

 

C4

歯の上の部分がほぼ萌壊し、虫歯菌が歯の先にまで達して膿のふくろを形成します。
この段階まで進むと歯を抜くこともあります。

 

精度へのこだわり

先ほども記載しましたが、虫歯の多くは再発がほとんどです。
再発を防ぐには定期検診が重要ですが、治療にあたっての精度も重要となります。
保険診療では材料に制限があるため精度の限界はありますが、できうる限り段差の無いようこだわった治療を行います。

2次的な虫歯の原因となります。
また、食べカスが停滞するので歯槽膿漏の原因にもなります。

痛みへの配慮

当院では麻酔時の痛みの軽減のため、針を刺す部分に表面麻酔を行ってから麻酔を行います。
また、使用している針は、33Gという極細のものを使用し、麻酔時の痛みを最小にするよう配慮しております。

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

滅菌へのこだわり

自費治療へのこだわり

求人情報

提携駐車場あり

バリアフリー
車いす・ベビーカーでも
安心してご来院いただけます。

診療時間
9:30~
13:30
15:00~
19:00

9:00~13:00
14:00~17:00
【休診】木・日・祝
予約優先制(痛みのある方や救急の方は随時対応)

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

PageTopへ戻る