「とよなかデンタルクリニック」から改名しました!
TEL:0120-586-860

〒560-0021
大阪府豊中市本町1丁目9番10号マストメゾン豊中2階

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

豊中市の歯医者、歯科医院をお探しなら、阪急豊中駅すぐのみやもと歯科クリニック(旧とよなかデンタルクリニック)へ

自費治療へのこだわり

HOME»  自費治療へのこだわり

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の一番大きな違いは、使用できる素材が違うことです。
保険診療では使用できる材料が統一されているため 『精度』『長持ち度』『見た目』『体への優しさ』 などにどうしても限界が生じます。
一方で自費診療では使用できる材質に限界がないため、最高の治療をご提供することができます。
みやもと歯科クリニックでは以下のことにこだわって治療を行い、患者さんに最高の治療をご提供できるよう日々研鑽しております。

精密さへのこだわり

個人トレーの使用

『個人トレー』と呼ばれる型どり用の器です。
患者さんごとに歯の形に合わせて作製されておりますのでより精密な型をとることができます。

歯肉圧排

歯肉圧排とは、歯と歯ぐきの境目に特殊な糸を差し込んで歯と歯ぐきの境界線をはっきりさせるための処置です。

シリコン材の使用

シリコン材という極めて精度の高い材料により型を取ることで歯の細かい凹凸まで記録することができます。

以上の工程を踏まえることで・・・

自費診療用の模型

歯と歯ぐきの境界線がはっきり記録されております。

保険診療用の模型

一方、保険診療用の模型ではそこまで境界がはっきりと記録されません。

この模型をもとに歯科技工士さんがかぶせものを作製します。
当然仕上がりの精度に大きな差が生まれます。

前歯4本がセラミックの歯です。
精密でなおかつ汚れの付着しにくいセラミックの歯を装着することでまわりの歯ぐきが極めて健康な状態です。
将来的な虫歯や歯周病のリスクも最小限に抑えることができます。

耐久性へのこだわり

通常のかぶせもの治療の流れ
  • まずは根っこだけ残った歯に『コア』と呼ばれる土台を差し込みます。

  • 差し込んだコアの上からかぶせものを装着します。

当院では、審美歯科治療を行うとき『ファイバーコア』と呼ばれる特殊な土台を使用しております。
このファイバーコアを使用することで以下のようなメリットが生まれます。

ファイバーコアを使用するメリット①『強度』

ファイバーコアには『しなり』があるため歯に強い力がかかっても歯の根っこが折れにくくなります。

ファイバーコアを使用するメリット②『美しさ』

審美歯科で使用される『オールセラミッククラウン』は金属を使用しないため透明感があり、金属製の土台を使用すると暗く見えてしまいます。
『ファイバーコア』は白い土台ですので、天然の歯のような透明感を得ることができます。

『オールセラミッククラウン』に金属製のコアとファイバーコアを装着した時の比較です。

『ファイバーコア』を使用して審美歯科治療を行うことで、このように自然な透明感があり、なおかつ強度のあるセラミックのかぶせものを作製することが可能となります。

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

滅菌へのこだわり

自費治療へのこだわり

求人情報

提携駐車場あり

バリアフリー
車いす・ベビーカーでも
安心してご来院いただけます。

診療時間
9:30~
13:30
15:00~
19:00

9:00~13:00
14:00~17:00
【休診】木・日・祝
予約優先制(痛みのある方や救急の方は随時対応)

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

PageTopへ戻る