「とよなかデンタルクリニック」から改名しました!
TEL:0120-586-860

〒560-0021
大阪府豊中市本町1丁目9番10号マストメゾン豊中2階

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

豊中市の歯医者、歯科医院をお探しなら、阪急豊中駅すぐのみやもと歯科クリニック(旧とよなかデンタルクリニック)へ

歯周病

HOME»  歯周病

歯周病とは

歯周病は30歳前後から誰でもかかる危険性があり、歯を失う原因の8割を占めております。
また無症状で進行するので気づいた時には手遅れということもあります。

みやもと歯科クリニックでは、日本人の成人病である歯周病の治療に力を入れております。
まずは検査により現状をお話し致しますので、患者様それぞれに合った治療をご提示し、その後もメンテナンスにより再発を予防します。

みやもと歯科クリニックでは『痛みのない歯石除去治療』『長期的な目で見た治療方針』を心がけて施術にあたっております。

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎

磨き残し(歯垢)を放置すると固まって歯石となり、家では除去できなくなります。
歯石の付着により歯ぐきに腫れが生じ、歯ブラシをすると血が出やすくなります。

この段階であれば簡単な歯石取りと適切な歯ブラシによりもとの健康な状態に戻ることが可能です。
軽度歯周炎

歯石はどんどん腫れた歯ぐきの中にもぐりこみ、細菌の出す毒素により歯を支える顎の骨を溶かします。
溶けてしまった顎の骨は元通りにはなりませんが、適切な治療により進行を止めることは可能です。
中等度歯周炎

さらに歯周病が進行するとさらに顎の骨が溶けて、歯がグラグラし始めます。
また、歯と歯ぐきの境目の溝から膿が出てくることもあり、強い口臭の原因になります。

ただこの段階でも痛みが生じないことがほとんどです。
歯を残すためには専門的な治療が必要になってきます。
重度歯周炎

歯を支える部分の顎の骨がほとんど溶けてしまった段階です。   
   ここまで来て初めて症状を訴える患者さんも少なくありません。

通常は抜歯となることが多く、自然に歯が抜けることも珍しくありません。

歯周病の治療

1.検査

まずは細かい検査により現状を調べます。
みやもと歯科クリニックでは精密検査を採用しておりますので(費用は通常の検査と同じです)
まずは検査結果をお伝えし、今後の方針についてお話しします。

2.歯石のお掃除

治療前→治療後

細菌は約3ヶ月で歯肉の溝に巣をつくります。
それを専門的に除去することで安定した状態を保ちます。
治療を終えられた方全員に推奨しております。

3.深い部分の歯石の除去

治療前→治療後

通常のおそうじで除去できない深い部位の歯石に関しては場合によっては麻酔をして除去します。

4.歯周病手術

3.でも除去できない歯石に関しては再検査後に歯肉をめくって直接目で見て歯石を除去する手術を行うこともあります。

豊中駅のみやもと歯科クリニック 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

滅菌へのこだわり

自費治療へのこだわり

求人情報

提携駐車場あり

バリアフリー
車いす・ベビーカーでも
安心してご来院いただけます。

診療時間
9:30~
13:30
15:00~
19:00

9:00~13:00
14:00~17:00
【休診】木・日・祝
予約優先制(痛みのある方や救急の方は随時対応)

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

PageTopへ戻る